研究内容の紹介(1997年以前)


高分子化膜の「しわくちゃ転移」「折り畳み転移」、 脂質膜の「曲率不安定」を修士過程、博士過程で行なう。フランスSaclay 留学中には折り畳み三角格子の統計力学の研究をし、くしゃくしゃに 丸めた紙のモデルの研究を行う。
また、反応拡散系の場の理論と生物物理への 応用、三角格子モデルのランダム折り畳み、メアンダー問題の研究も行った。
主な貢献:

研究概略



to Home